離婚したい時に決めること

離婚したい時に決めること

離婚したい気持ちが決まったら、
色々なことを決めて離婚成立まで
行動することを意識しましょう。

 

決めなければいけないことは、
経済的な事柄がメインになります。

 

慰謝料や財産分与をどのようにするかが最初の問題となるようです。
性格の不一致などの場合では、お互いに離婚に至るまでの
負うべき責任が無いとみなし、慰謝料を請求しないという場合がほとんどです。

 

しかし、離婚したい理由に配偶者の不貞や暴力などがあった場合。
結婚年数や収入、離婚原因となった理由によって
相当額の慰謝料を支払うことになることは致し方ないでしょう。

 

財産分与は、夫婦だった期間に
財を成したものが対象となります。

 

預貯金を始めとして、不動産や株券などを
分与するということになります。

 

そして、離婚したい夫婦に未成年の子供がいた場合。
子供の親権や養育費も話し合わなければなりません。

 

一般的に子供の親権は母親に渡されることが多いようです。

 

しかし、母親の不倫による離婚や育児放棄などの場合は、
父親が引き取ることも少なからずあります。

 

離婚したいなら、子供のために養育費のこともきちんと決めるべきです。

 

将来の不安に不払いになって満足に教育費がかけることができなくなり、
困る恐れもありますので、金額はどの位で、どのような形
(現金払いや口座振込み、あるいは給料から振り込むように手続しておく方法など)で
支払うのかもしっかりと決めておく必要があります。

 

戸籍と名前の変更についても考えて、
離婚後は旧姓に戻るのか、
戸籍は新しく作るのかどうかについても考えましょう。

 

離婚したいなら、細かい部分まで確認しながら、
決めるべき事柄を考えておくべきです。