離婚したい理由の傾向

離婚したい理由の傾向

離婚したい理由の最近の傾向は
どのようなものがあるか見ていきましょう。

 

目立った傾向は、熟年離婚です。
長年連れ添った夫婦が別れてしまうのが熟年離婚。

 

この理由として、離婚時の厚生年金分割制度が
大きく影響していることが考えれます。

 

平成19年4月から施行された離婚時の厚生年金の分割制度により、
合意があれば婚姻期間中の厚生年金(夫婦の合計)を
分割することができるようになりました。

 

さらに平成20年4月以降では
自動的に2分の1に分割されることになりました。

 

離婚したい熟年夫婦にとって、
老後の蓄えの確保は大変重要な問題です。

 

それもあり、この制度が施行されるまで離婚話を
差し控えた方もたくさんいて、
施行後は一時的に離婚率が一気に上がったと言われています。

 

そして、離婚したい理由は、
ドメスティックバイオレンス(DV)も挙げられます。

 

DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)により、
離婚したいと思っていても配偶者からの暴力で怯えて踏み込めなかった人も、
離婚手続きがスムーズに行えるようになりました。

 

それから、離婚したいと相談する方には、
子供がいない結婚2年以内の夫婦。
子供が複数いる結婚10年以上の夫婦がいます。

 

相談者は女性が過半数を超えるとされています。

 

離婚したい理由も配偶者の浮気が
原因の場合が多い傾向にあります。

 

しかし、昔なら経済的などの理由から離婚を我慢していたものが、
女性の社会進出などから離婚に踏み切ることが増えて、
離婚理由も一層複雑になっているようです。