離婚したい理由

離婚したい理由

離婚したい理由は人によって違います。

 

結婚年数が浅い夫婦で大多数の理由が、
性格の不一致です。

 

恋愛結婚でもお見合い結婚でも、
結婚生活が始まってから初めて気が付く性格の不一致。

 

努力しても違いが修復できないまま、
離婚したいと思うまでになってしまうようです。

 

また、性格だけではありません。

 

日常習慣の違い・性の不一致。
あるいは相手親族とのうまくいかないという場合もあるでしょう。

 

離婚したいと考える場合、結婚年数を重ねていてもあるんです。
熟年離婚は近年増えてきたケースです。

 

特に厚生年金分割制度が施行されてから、
夫の定年退職をキッカケに離婚を切り出す
妻が増えている傾向にあります。

 

家庭のため、子供のためにと長年にわたって仮面夫婦をしてきたけれど、
老後は自由になりたいと、離婚をするという形が多いようです。

 

また、現在の配偶者の他に好きな人ができた、
不倫したから離婚したいという話もよく聞きます。

 

さらに、配偶者からの暴力も離婚理由にある一つです。

 

ドメスティックバイオレンス(DV)による離婚、
生活費を渡さない、精神的ダメージを与える暴言を言うなど、

 

夫婦の間の信頼関係を著しく害する問題は、
離婚の決定的な原因になります。

 

離婚したい理由は、他にも夫婦なのに同居を拒否、家庭を放置。

 

法的には強度の精神病であること、
3年以上生死不明である場合も離婚請求が出来るとなっています。