離婚したい夫婦はふえているのか

離婚したい夫婦はふえているのか

離婚したい夫婦が最近増えているのでは?
と言われています。

 

芸能人の離婚がニュースになる。
離婚関連の情報が溢れている。

 

そんなことから、増えたような印象があるのではないでしょうか。

 

また、離婚したい理由にはドメスティックバイオレンス(DV)や、
熟年離婚、また国際結婚による文化・習慣の違いによって、
離婚するというケースもあります。

 

現実はどうなのでしょうか?
実は、現在の離婚率は減少傾向にあるのです。

 

日本では平成に入ってからは増加の一方でした。

 

しかし徐々に離婚する数のピークが下がってきていて、
今は2%となっています。

 

現在、離婚する夫婦は3組に1組と言われています。

 

離婚したいと思っている夫婦の数は、
この数字だけみれば相当数いることになります。

 

しかし、この数字の割り出し方法は、
その年に結婚した夫婦を、離婚した夫婦で割った数字です。

 

結婚しない人が増えていることを考えると、
現状を正確に表わしているとは言えないようです。

 

なお、世界の離婚率を調べてみると、
離婚が少ないのはカトリック系キリスト教徒が多い、
ラテンアメリカの約0.6%で、
イタリアも離婚する割合は0.7%と低いです。

 

カトリックでは教義に離婚を認めない条項が含まれており、
離婚率は低くなると予想されます。

 

高い国はアメリカやロシアで、離婚率は4%を超えていて、
離婚後の福祉が充実している北欧諸国も高い傾向にあります。

 

韓国や中国も、女性の社会進出や社会の近代化により、
離婚したい人が増えているようです。